イメージ第一主義!ライバルと差がつくホームページの作り方とは?

視覚的に読者の興味をそそる

百聞は一見に如かず、ということわざがある通り、人は視覚的印象に大きく左右される生き物です。ホームページでは、タイトル、コンテンツなど重要な要素はありますが、第一印象を決めるのは「画像」と言ってよいでしょう。
思考なしで、パッと感じる印象が、あなたのホームページの方針と合致するように作成しましょう。例えば、まじめな内容なのか、女子向けなのか、笑いの要素はあるか、などなど・・・あなたが最も大切にしているイメージを、文字情報以外で伝える必要があるわけです。
写真かイラストか、ものか人物か。あなたが「伝えたい」イメージを第一優先としてホームページの見た目をまずは整えていくところからスタートするとよいでしょう。

読者目線でのタイトル作成

あなたが「伝えたい」ことをホームページで表現するわけですが、テキストつまりコンテンツのほうでは、それを前面に押し出しすぎないように注意が必要です。読者はどんな気持ちで、WEB検索をすると思いますか?想像してみましょう。
「何かがほしい」「これが知りたい」など、読者は情報を求めて検索を行います。つまり、読者が「知りたいこと」とあなたが「伝えたいこと」が合致すれば、「このホームページはよいページだ」という評価をもらえるわけです。
タイトルを作成する上では、読者の視点を想像して「知りたいことがここでわかる!」と直感的に伝わるタイトルを作成します。読者の悩みや迷いにフォーカスすると思わずクリックしてしまうタイトルになるでしょう。

hp作成ソフトは初心者向けから上級者向けまで様々な製品が販売されているので、自身のウェブスキルに合ったものを選択する必要があります。